上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【コラム】初恋コンプレックス

作品として、

「ウルトラマン」は文句ないし、
「ウルトラマンティガ」もよかった。
「ウルトラマンG」は原典。

一方、
「ウルトラマンネクサス」は中盤惰性視聴になってしまい、
「ウルトラマンメビウス」は往年ゲスト(と音楽)を退いちゃうと、…だった。

これは私個人の好み。
おそらく「ヒーロー、ヒーロー」して人間ドラマしてるのより
怪奇事件を追ってその先に怪獣が出て・・・というSF展開フォーマットを好むらしい。

さらに掘り下げると、
「初代」コンプレックスにより、
「ウルトラマンはこうあるべき(だった)」的なフォーマットスケールが
自分の中にあって、そこから外れると多少厳しい評価を付けるらしい。

※ ※ ※ ※ ※

この「私の好きな○○は」「こうあるべき」「ですよ」的な講釈は
多くの人間がもっているだろうなと思うけれど、

どうやらその尺度は
その対象とのファースト・コンタクト
/一番最初に(物心的に)見た聞いた作品に影響される度合いが大きいのではないか。

特に「こうでなくっちゃ」モードを発動させるのは男性に多いように感じる。


「恋愛」について
女性はどんどん上書き保存して更新していくけど
男性は過去の記録をフォルダごとに仕分けして保存し続けるらしい。

これを「好きなもの」に置き換えると、
男性がいつまでも
「これ『が』好きだったんだよ!」
「だから○○とは、△△なのさ!!!」
とコダワリを持ち続けるのもわかるような気もする。

初恋に似た相手を好きになり続けるのである。

まあ別に男に限った話でもないけれど。

※ ※ ※ ※ ※


どちらにせよ、原典の与える束縛力は思いのほか強い。

「仮面ライダーディケイド」はそこん所「パラレル」でうまく回避したな、とも思う。
「ゲハラ」では「こうでなくっちゃ感」は
デザイン的に(映画系)ピン怪獣=2足恐竜型、という形で出てしまったのである。
ここを崩しちゃ成り立たない、というような固定?観念が。


はたしてそれが「伝統尊重」として生きるのか
創作の幅を狭めるのか善し悪しは判断しづらいけど、

いまだにウルトラマンゼロのデザインに納得し切れない
自分がいるのでした。
(セブンの息子、と名乗ってなかったら違ったか・・・?)

[ 2009/10/17 22:29 ] 怪獣 空想怪獣論 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wandabax.blog49.fc2.com/tb.php/101-dd850a37