上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

#11 炎が消える日 (Bパート)

←Aパート

21、格納庫 

11-18
                           
トヤマ 「(無線/OFF)東京都心に怪物体が全部で4つ・・・・・出現しました!
     現地の被害は・・・・・甚大!
     ご指示を!総司令・・・・・」
ホシノ 「(シーバーで通信中)落ち着いて人々の避難を最優先しなさい。
     (格納庫を見て)ただ、こちらの装備は使えそうに無い。
     上海と南太平洋に応援を頼め。
     私は今そちらに動けない、指揮を頼むぞ、副指令!」
トヤマ 「(無線/OFF)り、了解!」

ホシノ 「彼等は何をするつもりなんだ」
未来リオ「地上の、掃除です」

22、都心                             

       ブースターを換装して
       すぐさま到着した上海ソード編隊。

11-20

       ゼロアに集中砲火をかけるが、全ての攻撃が
       その胸部のブラックホール・ゾーンに吸収されてしまう。

       頭部から放たれる無限軌道光線。

11-19

       光線はソード機を一機づつ追尾し撃墜する。

11-21

       ゼロア、一歩も動かず編隊を全滅させる。

23、ロケット基地                         

       各国から発射される大陸間弾道弾。

24、都心                             

       ゼロア目掛けて飛んでくる弾道弾、これも吸収されてしまう。

25、その地上                           

       逃げていた人々が足を止める。

女   「思い出した・・・・・夢の通りだ」
男1  「そうだ、ウルトラマンでも敵わなかった奴だ。俺達は
     今日、滅んじまうんだ」
男2  「俺も覚えてる・・・・・じゃあ、逃げても無駄だ・・・・・」

       次々と避難をやめる者が続出する。
       避難誘導をしていた方面隊も、

方面隊長「どうした、皆さん、早く、早く避難を!」
方面隊員「無駄ですよ・・・・・もう人類に勝ち目はないんですから」

       隊員達も諦め、仕事を放棄し始める。

方面隊長「おまえら・・・・・」

       ゼロアに眼をやる。

       微動もせず全ての攻撃を防ぎ、無限軌道光線は遥か遠くの街を焼き払う。
       無言のプレッシャー。

方面隊長「そうか・・・・・ウルトラマンでも守れなかったんだ」
       人形が捨てられている。

26、LEAD基地・格納庫直通路                  

キョウコ「ヒダカ君、その体では無理よ!」

       ふらついて壁伝いながらもヒダカが歩いてくる。
ヒダカ 「絶望が広がっている・・・・・。人間の心から、炎が消えていくようだ。
     このままでは、本当に・・・・・」
       格納庫に辿り着く。

27、格納庫                            

ムカイ 「(シーバー映像を見ながら)マルサイトイレイザーも、スパイナーミサイルも、
      全て吸収された・・・・・」
イヌイ 「まさに、未来に向かってシナリオが進んでいる」
ハラ  「おいワン公! 俺達が諦めてどうすんだァ!」
イザキ 「じゃあ何か、打つ手があるかい? ハラ隊員」
ハラ  「ウムム・・・・・。やっぱり・・・・・もう・・・・・終わりか・・・・・」

       背後から声。

ヒダカ 「(明るく)どうしたみんな! 諦めるのはLEADの仕事じゃないだろ!」

       一同、ふらつきながらも歩いてくるヒダカを見つけ驚く。


       が、そのヒダカを未来リオの銃口が狙う。


リオ  「!」


       ショットから放たれるビーム、ヒダカ、撃たれる。

リオ  「な・・・・・なんてこと!」

       2人のリオ、取っ組み合いになる。
未来リオ「私達の力ではゼロアを倒せなかった。そして彼、
      ウルトラマンの力を持ってしても・・・・・
      …彼が!ウルトラマンさえいなければ、私達は苦しまないで済む!」

全員(ホシノ・キョウコ以外)
    「ヒダカが・・・・・ウルトラマン!?」
リオ  「隊長が・・・・・!!」

ハラ  「オイ待てよ、こんなときに変な冗談・・・・・」
       撃たれたヒダカ、腹の傷を押さえながらも立ち上がる。

       その姿に注目する一同。

ヒダカ 「いかにも・・・・・私はM78星雲、光の国の者だ」

未来リオ「・・・・・そんなにまでなって、なぜ人間を守ろうとするんです!?
     私達は自分から、絶望を受け入れるというのに!」

ヒダカ 「君達に・・・・・私達に似た光があったからだ。
     五十年前・・・・・それは偶然だったが、私達は初めて地球人と出会った。
     彼は、幾度の危機に襲われた地球人に、光を与えた。
     その光は、危機と戦うための勇気・・・・・力・・・・・兵器にも変わる」

ホシノ 「そうだ・・・・・。彼に出会ってから、私達は彼に近づこうと科学を進歩させてきた。
     彼の存在が、私達をここまで導いた・・・・・」

ヒダカ 「私の使命は、その行為が正しいことであったか、
     君達の可能性を確認することだった。光は君達を豊かにするが、
     破滅へも導くことができる。
     しかし
     まだ、君達の光が放つ光は小さい。その影も同じだ。
     ・・・・・その光を失うにはまだ早過ぎる。
     だから私は、君達のために戦う」

       ブレイズタイマーを取り出すヒダカ。

キョウコ「いけない! いま力を出せば、あなたは死ぬわ!」
ヒダカ 「僕は『不死鳥』。帰ってくるさ」

       動揺する一同。

イヌイ 「ヒダカさん・・・・・」
ハラ  「大将・・・・・」

       2人のリオに目をやるヒダカ。

       その目の前で、変身する。


28、LEAD基地・外                       

       チルソナイトに破壊された穴から昇る光の柱。
       現れたウルトラマンファイア。

       しかし、すぐに膝をつく。
       鳴り出すカラータイマー。

11-23

29、格納庫                            

未来リオ「もう空さえ飛べない・・・・・未来は変わらないわ」
リオ  「そんなことありません! 私達が・・・・・私達自身の手で
     怪獣を倒せば!」

サワタリ「そうか、我々の力だけで勝利すれば、ウルトラマンの爆発も起こらない」
イヌイ 「でも、ソードは全滅っス。自分達には武器が無い」
ハラ  「あるだろ、ここ!(と、胸を叩く)気持ちだ、気持ち!」
イヌイ 「精神論が通じる場合じゃないっスよ・・・・・」

シライシ「(遠くから現れ)武器ならあるぞ!」
一同  「!」

シライシ「第三基地は工場だ。そこならまだ戦力はある!」
イザキ 「でも、第三基地までどうやっていけば・・・・・」

       ゲージが開き、現れるソードBLUE。

シライシ「特専が毎度毎度墜落させるから、修理房に1機残ってたんだ。
     飛行ぐらいならできる」

サワタリ「よし、総員、ソードBLUEで第三基地に出撃!」
アカツキ・イザキ・ムカイ・ハラ・イヌイ
    「了解!」

ホシノ 「サワタリ隊長、私はここで、ウルトラマンと共にいる」
リオ  「(未来リオを押さえ込んだまま)私も・・・・・」
サワタリ「了解しました(敬礼)」
ホシノ 「頼む」

       その様子を上から・・・・・液体から頭だけ実体化させ、
      ケムール人が見ている。

    ×        ×          ×

      ソードBLUE、発進スタンバイ。

31、ソードBLUE                        

      6人乗り、満席のBLUE。
      アカツキが機動レバーを引く。

サワタリ「ソードBLUE、発進!」

32、基地・外                            

      基地に空いた穴から浮上するBLUE。
      しかし、外に出た瞬間、ガシリ、と巨大な腕に掴まれ、飛び立てない。

      巨大化したケムール人が、BLUEを捕まえた。

11-22

33、BLUE                           

アカツキ「隊長、このままでは!」
サワタリ「クウ・・・・・(はっ)!」

34、基地・外                            

      ファイア、巨大ケムール人の腕に掴みかかり、
      その手からBLUE機を解放する。

      だが、体力のないファイア、弾き飛ばされる。
      それでも必死にケムール人に立ちはだかる。

35、BLUE                           

サワタリ「行くぞ! 我々LEADは、ウルトラマンの信頼に全力で答える!」

36、基地・外                            

      飛び立つソードBLUE―――

                            《 続 》

⇒次回予告

ひょっとして最終回?

こんにちは。「炎が消える日」楽しく読ませて頂きました。いつものことですが、飽きることなく最期まで一気に読ませてしまう描写力は「さすが!」と唸ってしまいます。ひょっとして、次回が最終回ですか?私は「決戦!山葵VS唐辛子」を、ぜひともウルトラマンファイアでやって頂きたいと前々から思っていたので、もし最終回ならちょっと残念です。動かない怪獣ガドソンの物語もすごく興味があります。
私の怪獣ゴルドスにもご感想お寄せ頂きありがとうございます。私の方もこれからも怪獣をどんどん増やしていく予定ですので、よろしくお願いします。
[ 2009/12/08 19:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wandabax.blog49.fc2.com/tb.php/102-2375e7eb