上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第1話 帰ってきたグリッドマン! (Bパート)

←Aパート


g1-1

 俺が作った『発光怪獣ドリルズ』は最強の怪獣だ。いや、今最強を超えて究極の存在として
蘇った!
 体は鋼鉄より硬く、巨大な発光体からは相手のプログラム=データを破壊する8000万カン
デラのフラッシュを放つ。 この閃光を浴びたものは文字通り、「この世界」から消え去るのだ。
 
 あのフロッピーディスクに隠されていたパッチ。
こいつを使ってドリルズを作り直してみると、まるで魂が入ったように動き出した。 CGの
ようなぎこちなさも無く、ビジュアル的にも能力的にも今までのレベルを超越してしまった。

 連戦連勝、負けてデータを失った相手の姿が目に浮かぶ。
 負ける奴が悪い。勝てば官軍、勝者こそ正しい。 勝者がその後の歴史を作るからだ。

「これは・・・・・・来た来た次のステージだな」

 不思議な電送ルート、これはローディング画面だろうか? 光になったドリルズがその道を
抜けると、もっと不思議な空間に降り立った。

g1-5

「ここを壊せばいいんだな。 いいだろう、新生ドリルズ! 力を見せろ!」

 ドリルズの発光体から発せられる赤、青、そしてまた赤。
 まばゆく点滅する発光。
 
 光を受けた建造物が次々と倒壊していく。
 すごいぞドリルズ、強いぞドリルズ!
 

 ・・・・・・光? 違う、違う光の色だ。
 目の前に別の光の柱が・・・・・・!

「な・・・・・・何者だ?」
「私はハイパー・エージェント、グリッドマン!」
「グリッド・・・・・・マン?」
「君が破壊しているこのコンピュータ・ワールドは、君の実行しているゲームのサーバーだ。
コンピュータ・ワールドが破壊されると現実世界に影響が出る。すぐに止めるんだ!」
「コン・・・・・・なんだって?」

 しかし画面の向こうの『グリッドマン』は大真面目に仁王立ちしている。

「ハハン・・・・・・新しいボスキャラだな! それなら、ば!」


      ◆   ◆   ◆


g1-6

 クワのような巨大な腕でグリッドマンに叩きかかるドリルズ。
 受身を取るも、衝撃を受けきれず吹き飛ぶグリッドマン。

「さて・・・・・・チャチャっと攻略っと」

 ドリルズが頭を傾ける。発光攻撃の合図だ。
 サア行け! 8000万カンデラの殺人光波!
 うむ、やはり詳細な数字をつけると強さにリアルさが増すな。次からも考えよう。

 強烈な発光は、その閃光一発一発がグリッドマンを吹き飛ばす。 決めの一撃、空に吹き
飛ばされたグリッドマンの巨体はナンチャラワールドの建物を押しつぶした。

「そういえば、ここを壊すと現実世界に影響、とか言ってたな。侵略者としてはチャンと
侵略計画も建てないとねえ・・・・・・そうだ、ゲームに負けた時の怪獣の爆発、あれに強力な
フラッシュが出るようにして負けたユーザーは失明・・・・・・まさにデスマッチ!」

 苦しむグリッドマン、閃光を受けた部分のデータが破損しかかっている。

「失明、というのはちょっとキツいかな・・・・・・」

 ところがその時、ドリルズの角から妖しい光・・・・・・不思議な塔を創り出した。

「ま、まさかホントに・・・・・・まさかね」

 チカチカ、あれは危険信号だろうか? グリッドマンの額のランプが激しく点滅している。
 もうすぐ、このまま、倒せるだろう。
 でも、もし、本当に失明を引き起こす爆発なんて起きたら・・・・・・?

 後から思えばこの一瞬の迷いが敗因だ。

「フ・・・・・・ン!」

 立ち上がったグリッドマンの飛び蹴りを食らい、鼻先の角を折られるドリルズ。

「テヤッ!」

 その上担ぎ上げられブン投げられた。

「グリッドォォ・・・・・・」

 まずい。非常にまずい。この流れは、必殺技・・・・・・!

「立ち上がれドリルズ! 8000万フラッシュ!」
「ビィィム!!!」

 光線対閃光、正直どっちがどっちの攻撃が決まったのか分からない。 が、光の
放散が収まればそれは直ぐに判明した。

 立っているのはグリッドマンだった。

 グリッドマンは胸から光を出し、建物を復元していく・・・・・・
 そしてドリルズの立てた塔も消滅・・・・・・したと思いきや、

「こ、これは・・・・・・!」

 誰が仕掛けたのか、塔が突如爆発、強烈な閃光を放った。
 がっくり来て下を向いてた分だけ助かった。それでも眩しさでしばらくボヤけて
いた視界の記憶によると・・・・・・

 グリッドマンは閃光を受けて消滅した。
 おそらくデータを破壊されたのだ。

「勝っ・・・・・・た?」


      ◆   ◆   ◆


 その後数日間、「モンスタークライシス」はサーバーの破損とかでアクセスできなかった。
あれは・・・・・・グリッドマンとは、何者だったんだろうか?
 とりあえず、この黒いフロッピーはもうしばらく預かって置こう。


                                               《 続 》


⇒次回予告

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wandabax.blog49.fc2.com/tb.php/117-827ef1ed