上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何カットか宇宙人の侵略兵器が映りこんでる(by田口監督)

うちの暗いTVじゃ確認できなかったけど、
どうやらUFO出現以前にその前触れがあったようです。
何カットあるかはまだ確認してません。

ガンガンとオマージュした影で
謙虚な遊びがあふれてた(笑)
あの船の名前。
あの新聞の写真。

でも
やっぱ「海上に頭出した怪獣の下半身は どうなってるの?」という謎に
ワンカットで答えをだしたのは凄い。
漁船への毛の乱入も
あの一瞬で人間と人形の巧みな入れ替わる動画。


TV版で「あれ?上映版となんとなく違うな?」
と思ったのは、
VSフージンのパノラマシーンと
予告のゲハラハリケーン(←髪が伸びて回転、宇宙人に操られて編み出したらしい新技)の
ビル街のカットの横が
うちのTVのサイズ関係で切れちゃったせいだったと判明。

今回の一本は
「ゲハラ」という新怪獣の映画であると同時に

「怪獣映画」というジャンルの映画化、
いってみれば
「忘れられそな怪獣映画」の「カタログ映画」であったわけで、

一瞬でも怪獣映画の
あの一本、あの雰囲気、あの迫力を思い出していただければ
ゲハラは使命を果たしたことになります。

セブンXの市街戦の第1話が
壊しなしのCG合成だったときは
「もうミニチュアなしで、着ぐるみもなしになるのかな」
と思ってたけど
まだまだ「特撮」を欲してる方々がいるようでよかったです。

「結局昭和かよ」ということも、
時代劇と同じで、
時代や環境について、ある程度最低限のフォームを踏まえた上で、
そこから冒険するのが
一番主流となるべきだと感じます。そのおかげで時々亜流が出せるしね。
このフォームまで壊そうとすると
「ヒゲをなくした水戸黄門」みたいになるでしょう。

その意味で今回のゲハラは
特撮映画の「基本フォーム」の再確認を提案できたかもしれません。

なんか着ぐるみ怪獣も「能面」と似た感じがあるし・・・
角度で表情を変える様な。


そんなわけで「ストーリー性」を求めて見て下さった人にはごめんなさい。
たぶんコース料理食べに入ったら肉じゃがしかなかったという心情では。
今回は洋食じゃなくて和食、しかも回転ずしのレールでの提供でしたので。








反響未だ止まず。 ^^

 早い、安い、旨い、回って動く。
回転寿司が大好きなガメラ医師です。
「ゲハラ=回転寿司」理論には、大いに共感できます。
 放映から時間が経過するにつれ、観賞記も増加して参りました。もう少しお付き合いさせていただければ、と思っております。
[ 2009/02/27 18:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wandabax.blog49.fc2.com/tb.php/45-73e6fb7b


ガメラ:長髪大怪獣ゲハラ視聴記など 2009/02/27

 2月24日(火)24:10~25:00の時間内で放送されました、 NHKの深夜番組、『テレ遊びパフォー!』 http://www.nhk.or.jp/paphooo/index.html >「長髪大怪獣ゲハラ」 http://www.nhk.or.jp/paphooo/project/gehara.html に関して、26日付けの観賞記など、関連情報をまとめ?...
[2009/02/27 16:53] URL ガメラ医師のBlog