上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

#6 パラサイト・タワー (Bパート)

13、社長室                           

       イヌイ、デスクの陰でうずくまっていた九堂を見つける。
イヌイ 「九堂! これはどういうことだ!?」
九堂  「ボクじゃない! ボクじゃないんだ!」
イヌイ 「おい! 泣いてたらどうすればいいかわからないだろ!」
       九堂がある点を指差す。
九堂  「サイバラスに・・・・・このビルを乗っ取られたんだ」

イヌイ 「サイバラス!?」

       九堂、軽く錯乱。
九堂  「ネットワークにウィルスが入り込んで・・・・・情報データを侵食して増えるんだ!
     そして・・・・・電送機を使って現実世界に出てきた!」
       そこへ飛び込む小型サイバラス。
       イヌイが素早く打ち落とす。
イヌイ 「これがコンピュータ・ウィルス!?」
九堂  「電送機が再構成する分子データを改ざんして、自分を現実に実体化させて
      いるんだ・・・・・」
ハラ  「(OFF)ウワアアア!」
       立ち上がるイヌイ。
       電送機の設置室に続く、隠し扉にパスワードを打ち込み、開けようと試みる。
九堂  「何する気だ?」
イヌイ 「あの蟲は電送機を通じて増え続けている! もしビルの外にでも逃げ出したら・・・・・。
     電送機を壊す!」
九堂  「待て! そんなことさせない!」
       イヌイに掴みかかる九堂。
九堂  「あれはボクの最高の芸術品だぞ!」
イヌイ 「LEADが守るのは機械じゃない! 人の命だ!」
       九堂を振り払い、高速のパスワード打ちを続けるイヌイ。
       何十回目かでパスワードが適合。
       隠し扉が開き、部屋中に蠢く小型サイバラスと共に、電送機が現れる。
       ショットをハイパーレンジに、そのコアを狙う。
       が、突如、無数のサイバラスが電送機に向かって集まり始めた。
ハラ  「何だ・・・・・?」
リオ  「急に大人しくなった・・・・・」
       ハラとリオも解放される。

14、ビル内・吹き抜けの中階                        

       二体のセーラと格闘するヒダカ。
       肩の傷もあり、追い詰められる。
ヒダカ 「ん・・・・・そうだ・・・・・おい、飲み物をくれないか? 少し疲れちまったよ」
       設定上、ドリンクを差し出すセーラA。
       それを手にしたヒダカ、瞬時に振り向き、
       背後で指レーザーを放とうとしているセーラBの腕にかける。
セーラB「ガピ・・・・・」
       照準がわずかにそれ、セーラAに命中。
       AがBを敵と認識、2体は組み合ったままもんどりうって
       階下へ・・・・・。
       上を見上げるヒダカ。

15、最上階                           

       逆電送、量子化ノイズになり次々消えていくサイバラス。
イヌイ 「これは・・・・・!?」
       九堂、デスクのパソコンを見ると、
九堂  「ウィルスたちのデータが電送機に集中している・・・・・ああ、
     このままじゃ限界値だ!」
       電送機がスパークし、その衝撃に弾き飛ばされるイヌイと九堂。

16、九堂ビル外                         

       電送機から放たれたカドニウム光線はビルを貫通し、ビル外に放射される。
       現れる量子化ノイズ――
6-6

6-7

       ―そして巨大サイバラスが具現化した。
       その眼が発光すると、周囲の電灯が爆発する。
       九堂ビルに迫るサイバラス。

17、九堂ビル内・最上階                     

ハラ  「アイツ・・・・・こっちにくっぞ!」
九堂  「死ぬのは嫌だァ!」
リオ  「でも、今から下に降りても・・・・・間に合わない!」
イヌイ 「いや、あれを、電送機を使えば、一瞬で地上に行ける」
ハラ  「イヨシ、ワン公、よく気づいた!」
イヌイ 「でも、誰かが操作のために残らないと・・・・・」
       なぜか視線を集める九堂。
九堂  「オイ! ボクは逃げるぞ! ボクは・・・・・」

ヒダカ 「(OFF)僕がやろう」
       ヒダカが現れる。
ハラ  「大将―――!」
ヒダカ 「時間が無い。早くしよう」
         ×   ×   ×
       電送機の基盤から離れるイヌイ。
イヌイ 「これであとは起動ボタンを押すだけです」
ヒダカ 「了解」
       起動する電送機。
       並ぶリオ達にカドニウム光線が照射され、その姿が
       量子化ノイズに変わり始める。
リオ  「隊長、早くこっちへ!」
       その伸ばされた手が、消える。

18、1階
                            

       電送されたリオ達、1階に到着する。
       ガラスを通して、接近する巨大なサイバラス。
       パス・カードで自動ドアを開けた九堂。
イヌイ 「早く! ナナセ隊員!」
       迷いながらも、走り出すリオ。

19、九堂ビル外                         

       激走、ビルから離れるリオ達。
       サイバラスは九堂ビルに迫る。

20、最上階                           

       ヒダカ、ブレイズタイマーを手にするが、
       撃たれた肩に痛みが走り、落としてしまう。

21、ビル外                           

       サイバラスの眼が光る。
リオ  「隊長!」
       1階から順に、爆発する九堂ビル。
       電送機も木っ端微塵に・・・・・
       空を見上げるリオ達、その彼方から―――
ファイア「シュワッ!」
       ウルトラマンファイアが飛来する。
       滑空してサイバラスに飛び掛るファイア。
       1、2、3、サイバラスの牙の攻撃をいなす。
       ガッチリ、牙と組み合い、そのまま空中に持ち上げる。
       が、長い尻尾が頭上から、ファイアに巻き付く。
ファイア「ドオッ!」
       締め上げられるファイアを見つめるリオ達。
       牙が首を絞める。
       カラータイマーが赤に変わり、ファイア、Burst Limitに。
       その体が赤く発熱し、湯気が上がりだす。
       その熱に耐えられず、サイバラスの締め付けが弱まる。
       逆にその尻尾をつかんで、
       ジャイアント・スウィングでサイバラスを放るファイア。

       落ちた所にソルゼウム光線一閃―――サイバラス、爆散。空へ去るファイア。

    ×            ×          ×

       その場にへたり込む九堂。
九堂  「ボ・・・・・ボクのビルがァ・・・・・」
       半壊した九堂ビル―――そこから―――
ヒダカ 「オーイ!」
ハラ  「大将!」
リオ  「さすが・・・・・隊長!」

22、LEAD基地/特専ルーム                   

        面々がコーヒーを飲んでいる。
リオ  「それで、九堂社長はその後・・・・・?」
ヒダカ 「ああ、怪獣退治の協力者として感謝状を贈っておいた」

23、九堂ビル跡地                         

記者  「はい、笑ってください」
       取材を受けている九堂、感謝状を手に、苦笑いを浮かべる。
       後ろでは半壊したビルの修復作業が行われている。

24、特専ルーム                         

       ヒダカ、リオ、ハラ、コーヒーを手に談笑。
ヒダカ 「結局・・・・・あいつを送り込んだ『サイバラス』ってのは、何者だったんだ?」
       一人コンピュータをいじっていたイヌイ。
イヌイ 「そのコンピュータウィルスが、『サイバラス』だったんスよ」
ヒダカ+リオ+ハラ
    「え!?」
イヌイ 「ちょうど病気のウィルスがワクチンに対抗して変異するように、コイツは
     セキュリティに対抗するための自己進化プログラムを組み込まれていた。
     その自己進化を繰り返しているうち、何かの拍子に・・・・・知能を手に入れ、
     遂には世界征服まで企てた―――」
リオ  「自我を持った・・・・・知生体コンピュータ・ウィルス」
ハラ  「機械のくせに、人間様に歯向かうとはね」
ヒダカ 「でも、もともとのサイバラスを作ったのは人間だろ?」
リオ  「なら、真の犯人はその作成者! それを見つけない限り
     また同じことが起きちゃいますよ!」
       ゆっくりと、モニター画面を見つめるイヌイ。
イヌイ 「無謀っスよ・・・・・。この画面の向こうに、
     一体どれだけの敵が潜んでいるのか―――」

                      《 以下次回 》

〈登場怪獣〉

電脳寄生虫 サイバラス
自己進化したコンピュータ・ウィルスが、物質電送機を使って現実世界に実体化した姿。
あらゆるデータを取り込んで自分のデータに書き換えて増える。
当初は電送機の使用範囲である九堂ビル内で小規模な実体化にとどまっていたが、
電送機のシステムを書き換えて外部に巨大実体化した。
名前は「サイバー」を「バラす(壊す)」から。

〈もとネタ)
九堂 …「電光超人グリッドマン」藤(とう=10)堂武史から1足りない⇒9
カドニウム光線…怪奇大作戦第24話「京都買います」物質電送


今回の話はよくある「密室脱出モノ」+「コンピュータ反乱モノ」。
パワードの「侵略回路」が近いかも。

トンデモ装置=物質電送機も出している分、広げようと思えば
どうとでもなる話ですが尺を27分とするとコレ位かと。
本当はビルの仕掛けを増やしたりコンピュータ・ワールドで戦ったりしてもいいかなー
と思いましたが、そこはハイパー・エージェントと役割分担で。

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wandabax.blog49.fc2.com/tb.php/68-497bc26d