上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウルトラマンベリアル あらすじ

     bel
物語は○谷と○ャイヨーの権利闘争が始まるという、緊急事態が発生するところからスタートする。

そして数万年後に、この戦争は○谷側が勝利し、○ャイヨー側についた
「ミレニアム」は、ウルトラの一族でありながら、
暗黒の力に魂を奪われ光の国で反乱を起こした(という名目で)
ウルトラマンキングの手で永久牢獄に封じ込められた。

「このまま俺は日の目をみないのだろうか・・・」

そういいつつ官舎のTVを見ていると、
「パラレルワールド」の設定によりボツった怪人を復活させる特撮番組を見つける。

「これだ・・・!」

名を変え姿を変え、100体の怪獣を操ることができる“ギガ・バトルナイザー”を武器に、
暴れ回るウルトラマンベリアル。
大体の怪獣は葬られるものの
運がいいのか悪いのか、そのなかにうっかり

白猿ハヌマーン

が混ざっていた。

権利元次元の違う攻撃に)次々と倒されるウルトラ戦士たち。
そして光の国は、暗黒の闇に包まれてゆく……。


<<この物語はフィクションです。実際の映画には関係ありません。>>

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』
ベリアルのデザインは、まあEXゼットンとかの流れをみると予想範囲内。
今年はシンケン・ディケイドとなかなか美的にも話的にも良作が多い中、はたしてどうか?

たぶん本当の本編は
・内山まもる氏的なストーリー展開に
・兄弟にトラウマ怪獣ぶつけて
・ゴモタンたちが救援に来て
・ベリアル劣勢になって
・グランドキング+タイラント⇒グランドタイラント召還
・CGサーカスで締め

といった所でしょうか。

みどころは「怪獣100体」の煽りの真偽。
①ジェロニモンによる怪獣60体復活
②「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」35大怪獣宇宙人 登場

につづく「2度ある・・・」になるか「3度目の」になるか。

メビウスの最終回で「怪獣総進撃」的に
歴代最終回怪獣の世界攻撃がみれるかと思ったら
いんぺらいざー×10何機か
だったときのショボさはなかったけど。

名前を「ウルトラマンヘラー」にしたら悪トラマンにも納得がいくかな。
U40だけど。


個人的には・・・オールライダーの方が今の所優勢かな・・・

[ 2009/06/19 23:17 ] 怪獣 空想怪獣論 | TB(0) | CM(1)

6本腕のウルトラマンアシュラもそうだが、片目とか義手とか、新米でなく古参な感じのウルトラマンも面白いんじゃないかと。
主人公は張れないが、サブキャラとしちゃ十分いけると思うんだ。
[ 2009/07/09 02:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wandabax.blog49.fc2.com/tb.php/76-0a19a6a0